Menu

条件をチェック

保育園

公立と私立の保育園では、園長になれる条件がそれぞれ違うため、事前にチェックしておくといいでしょう。公立保育園の園長になるためには、公立保育士として10年以上の経験を必要とします。それから、園長になるための昇進試験に合格して、自治体から承認を得ることが条件です。公立保育士は地方公務員なので、保育士の資格だけではなく、公務員試験にも合格しておくことが大切です。私立保育園の場合は、特別な資格は必要ありません。ですが、園長は単に園のトップというだけではありません。保育園に通う子供たちや、その保護者、スタッフと信頼を築いていく必要があるのです。保育に関する知識がなければ、合格は難しいと思われるので、最低限の知識は身につけておきましょう。園長の求人に応募するときには、条件の確認を必ずおこないましょう。

仕事内容について

園児と先生

園長は、日頃から園に関する幅広い業務を担っています。保育士から提出される書類をチェックしたり、園長会議にも出席します。そして、現場の保育士を指導することも園長の仕事です。新人の保育士に研修を受けさせたり、定期的に面談をすることで、保育士たちの意識調査をおこなうことも大切です。特に、保育士同士の人間関係や、保護者との関わりかたなどで悩みを抱えている保育士も多く、仕事に支障が出る可能性もあります。そうしたトラブルを抱えている保育士とじっくり話し合い解決することも、園長の仕事です。園長は、保育園が順調に運営できるように、日頃から資金に関する管理をおこない、子どもたちが安全に通えるように、保育士を育成し、円滑な運営を心がけることです。求人を見て応募するときには、こうした仕事に関しての知識も知っておくことが大切です。

広告募集中